SDGs

わたしたちのSDGs

中村タイル株式会社は、年間で約3万平方メートルの施工を手掛けています。これだけ多くの現場をお任せいただくと、それぞれの現場では多くのタイルを使用します。スムーズに工事を完了するには、タイルを「少し多め」に調達する必要があるため、それぞれの現場で少量ずつタイルが余ることになります。年間で約3万平方メートル、これだけ多くの施工をこなしていると余ったタイルも膨大な量になってしまいます。これを無駄にしたくないという思いから始まったのが、中村タイルのSDGsへの取り組みです。
余ったタイルとはいえ、全ては未使用の新品です。しかも実際の施工に使用される付加価値の高いタイルです。もちろん品質には全く問題がなく、個人のお客さまがホームセンターなどで目にするタイルとは違って、プロが使用する本格仕様です。こうした価値のあるタイルを使わずに処分するのはもったいないことで、SDGsが目指す持続可能な社会への価値観とも相いれないでしょう。そこで「タイル愛」を標榜する中村タイルでは、余ったタイルの有効活用と、昨今のDIYブームの影響もあってご自身でタイル張りをされる方々のニーズにお応えする形でタイルのネット販売を始めました。

SDGsの12番には「つくる責任、つかう責任」が掲げられています。中村タイルはこの目標に共感し、大切な資源であるタイルを有効に利用し、それを社会に発信していく責務があると考えました。

タイルは売って終わり、買って終わりの商品ではありません。張ってはじめて役に立つものなので、個人のお客さま向けにもタイルを販売することでDIY、オブジェ制作などでタイルを体験する機会にしていただきたいと考えています。
さらにタイルのよさ、役割をもっと多くの方々に知っていただく機会として、本社イベントルームにおける体験教室も開催しています。
これらは、私たちの「タイル愛」を持続可能な社会の実現に向けて実践、表現したものの一部にすぎません。これからもさまざまな形で「タイル愛」を社会に向けて発信していきたいと考えております。

ページトップへ