NEWS

お知らせ

お知らせ

倉庫に眠っていた「泰山タイル」

昨年、高石市にある中村タイルの倉庫から、偶然見つかった「泰山タイル」。
1枚のタイルが繋ぐ縁を私たちは大切にして参ります。
これからの展開をご期待ください!

赤しんしゃ 表面
赤しんしゃ 裏面

泰山タイルとは、池田泰山が京都市南区東九条に1917年(大正6年)に設立された「泰山製陶所」で造られた建築用装飾タイルの事。大量生産の工業製品ではなく、小規模の手作りを貫き、高い技術とその美しさで注目を集め、美術工芸品として建築家や施主に愛された。甲子園ホテルなど、国内を代表する多くの近代建物に用いられている。
  

ページトップへ